学会大会・関連学会の予定

第2回彗ひろばに関するお知らせ
第2回彗ひろばに関するお知らせ

【彗ひろば実行委員会から締め切り延長のお知らせ】
2020 年 6 月 13 日 (土)に開催予定の「日本バイオメカニクス学会主催 第2回 彗ひろば」の発表申し込みの締め切りが、2 月 29 日 (土)に延長されました。これを機会に是非発表申し込みをご検討ください!
発表申し込みに関する詳細は、下記ホームページよりご確認ください。
http://www.ic.fc.ritsumei.ac.jp/keihiroba/happyo.html

NEW 2020年2月18日更新
日本バイオメカニクス学会第26回大会
日本バイオメカニクス学会第26回大会

日本バイオメカニクス学会第26回大会が福岡大学にて開催されます。ぜひともご参加下さい。
会期:2020年9月18日(金)〜20日(日)
会場:福岡大学
大会HP:
https://www.jsb2020-fukuoka.com/

2019年10月1日掲載
日本体育学会第70回大会 バイオメカニクス専門領域の企画について
日本体育学会第70回大会 バイオメカニクス専門領域の企画について

日本体育学会 第70回大会(2019年9月10日-12日)にて、バイオメカニクス専門領域の一般研究発表、シンポジウム、
キーノートレクチャー(東京体育学会10周年記念と共催)が行われました。

体育学会HP
https://ipe.hc.keio.ac.jp/jspe70/

2019年8月10日掲載
彗ひろば 実行委員会からのお知らせ
彗ひろば 実行委員会からのお知らせ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【彗ひろば】
日 時 : 2019年6月15日(土) 13:00~16:50(受付12:00-13:00) 
会 場 : 東京大学 駒場キャンパス 18号館ホール
 
盛会のうちに終了しました。
 
当日の様子はこちらをご覧下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  
2019年4月16日更新
もっと見る
Japanese Society of Biomechanics.
写真1.日本バイオメカニクス学会 写真2.日本バイオメカニクス学会 写真3.日本バイオメカニクス学会 写真4.日本バイオメカニクス学会 写真5.日本バイオメカニクス学会 写真6.日本バイオメカニクス学会 写真7.日本バイオメカニクス学会 写真8.日本バイオメカニクス学会
Japanese Society of Biomechanics.

学会企画

慧ひろば
JSB企画「バイオメカニクス研究法への招待」JISS編開催のご報告

1月18日、19日の2日間にわたり、「バイオメカニクス研究法への招待(JISS編)」が開催されました。

初日は検者及び被験者の両方の立場でJISSにおいてトップアスリートを対象に行われている測定と同様の測定(各種モーションキャプチャシステムを用いた動作分析及びGPS、GNSSやレーザー速度計を用いた走速度分析)を体験していただきました。
2日目はデータ解析とデータの解釈に関するグループワーク及び講習を実施、最後にJISSの施設見学を行いました。
ご参加いただいた皆様、ご協力いただいたJISSのスタッフの皆様、ありがとうございました。

バイオメカニクス研究 電子化のお知らせ

学会誌「バイオメカニクス研究」を電子媒体として刊行する事となりました。
詳細については こちら をご覧下さい。

2019年度「日本バイオメカニクス学会企画 国際学会参加助成事業」に関するお知らせ

募集要項(.pdf) ⇒ こちら
申込書(.doc) ⇒ こちら

その他

会員管理センター変更のお知らせ

2020年4月より会員管理センターが変更となりました。 ⇒ こちら

バイオメカニクス研究vol.23 No.3 の目次一覧を更新しました

こちら

ISEK2020の開催について

XXIII International Society of Electrophysiology and Kinesiology(ISEK2020、第23回 国際電気生理運動学会)
2020年7月11日-14日 名古屋国際会議場

筋電図などをはじめとする電気生理学的研究手法を用いた研究およびバイオメカニクスなどの身体運動を扱う広範な研究を対象とした国際学会です。隔年で開催されており、前回はアイルランド・ダブリン、前々回はアメリカ・シカゴにて開催され、毎回約25ヶ国、600名ほどの参加者が集います。
当学会では毎回、International Society of Biomechanicsと連携したJoint sessionを開催しており、貴学会とも深く関連する学術集会になると思います。

2020 Congress

キーノートレクチャーにおいても、Testuo Fukunaga氏(National Institute of Fitness and Sports)やGlen Lichtwark氏(University of Queenland)といったバイオメカニクス分野の研究者も多く登壇されます。

Speakers 2020

より多くの方々の参加および発表をお待ちしております。

日本スポーツ体育健康科学学術連合第3回大会シンポジウム抄録掲載について

————————–
【お知らせ】
日本スポーツ体育健康科学学術連合第3回大会が下記の要項で開催されました。
※日本バイオメカニクス学会は、日本スポーツ体育健康科学学術連合に加盟しています。

詳細はポスターをご覧ください。

第3回大会について


——————————–

日本バイオメカニクス学会HPのリニューアルについて

学会ホームページをリニューアルしました。